新たに起こり得る社会不安の芽を事前に摘み取る努力を

ホーム › システム紹介

システム紹介

事業所用システム

システムイメージ1
1ブロック8chのセンサで確認
1ブロックを最大8chの防犯センサで警戒します。コントロールコミュニケータ表面にはセンサ状態を示すLEDランプがあり、状態が一目で判別できます。外部に操作ボックスを設置して警戒操作を行うほか、コントロールコミュニケータ本体のテンキーでも警戒操作を行うことが可能です。
個別認識15人
警戒操作に使用するタグを、本システムでは最大15本まで登録できます。いつ、どこで、誰が警戒操作を行ったかを監視センターで常に監視しています。

ホームセキュリティシステム

システムイメージ1
コンパクト&シンプル
ホームセキュリティに必要な機能を、コンパクトなボディに凝縮しました。警戒モードは「在宅警戒モード」と「外出警戒モード」の2種類。どちらも指先1つのシンプル操作です。
5つのゾーンボタン
在宅警戒モードでは、ご自宅を5つのゾーンに分けそれぞれ個別に警戒を行うことができます。
「玄関だけ」「和室と寝室だけ」など、生活パターンにあわせて自由にご利用いただけます。
ワイヤレスシステム
火災や侵入を検知するセンサや周辺装置はワイヤレス。配線を必要としませんので設置も簡単。お部屋の美観も損ねません。

大規模総合セキュリティシステム

システムイメージ1システムイメージ1
個別識別500人
32ヵ所の警戒ブロックを最大104chの防犯センサで警戒を行います。操作ボックスや機能拡張機器へ配線はローカルシリアルラインを使用しますので、間仕切り変更や機器の増設などにもフレキシブな対応が可能です。
最大32ヵ所までの警戒ブロックを設定可能
警戒操作に使用するカードやタグを、本システムでは最大500枚まで登録できます。いつ、どこで、誰が警戒操作を行ったかを監視センターで常に監視しています。カードなどには4桁の暗証番号や有効期限が設定できますので安心してお使いいただけます。
豊富な機能拡張機器
セキュリティシステムに連動してさまざまな設備システムの制御ができるように、多種な機能拡張機器をご用意しています。ビルオートメーションやスケジュール運行などにも機能を発揮します。

カメラ監視システム

システムイメージ1
画像の記録とモニタリング
侵入など異常が発生すると、証拠写真としてビデオサーベイランス・マネージャ内部にメモリされている異常発生前後の静止画を、最大20枚送信します。さらにカメラが捕らえた現状の様子が、音声と共に送信されますので、その後の様子も見逃しません。
ブロードバンドで画像を転送
ビデオサーベイランス・マネージャには、ADSLなどのブロードバンド回線を接続します。端末と監視センター間の通信セキュリティも万全。VPNの機能で外からの不正なアクセスをシャットアウトします。
F-10セキュリティとの連動
本システムはF-10セキュリティシステムと連動させて使用することも可能です。コントロールコミュニケータKFC-503と接続すれば効率的な画像連動型セキュリティシステムを構築することが可能です。

システム概要

  • システム概要図
  • ・ 異常が発生するとセンサが感知します。
  • ・ 警備用回線より、異常信号を指令センターへ送信します。
  • ・ 異常を確認・記録され、警備車へ指令します。
  • ・ 待機中の警備車が出動、状況を把握・処理対応をします。
  • ・ 事態に応じ、110番・119番へ通報します。
  • ・ ご契約先の担当者へ緊急連絡します。

警備研修

システムイメージ1
警備会社の財産は優秀な警備士です。
お客様の財産をお守りするのはその前提に警備士の安全があってこそです。弊社では警備業法による年間の法定教育とは別に、受傷事故防止のため毎週1回護身術・逮捕術の基本訓練を繰り返し、更に、年1回全道合同集合訓練を実施し、警備技術向上に努めております。

損害の賠償

ご依頼の警備を実施中に万一当社の責任によって事故が発生した場合、当社はその被害を保険により賠償する警備保障制度を確立しています。

●身体賠償=1事故につき限度額5億円
1名につき1億円
貴重品は5000万円

●財物賠償=1事故につき限度額5億円

又、当社では上記の責務を果たすため「あいおい損害保険」と特別な警備業者賠償責任保険を締結しています。

損害の賠償(別途契約要)

テイケイ・トリプルCセキュリティシステム
●現金・小切手を保証
当社と警備請負契約を締結している契約先(保障加入希望者)に限り、業務用現金・小切手・クレジットカード・売り上げ伝票などに起こった偶発的な事故により発生した回収不能損害を、補償する制度です。
※お支払いの対象となる損害 火災・盗難・ひったくり(その他の偶発的な事故による損害)
盗難保障制度
●商品・什器・備品等を補償
当社と警備請負契約を締結している契約先(保障加入希望者)の建物内に収容されている商品等の盗難事故を24時間補償する制度です。
※お支払いの対象となる損害
・建物収容中の商品が盗難にあった。
・ドロボーが入り、建物収容中の商品が壊された
・強盗が入り、建物収容中の商品が汚された。

↑ページTOPへ